YoutubeがあるからCDは買わない・・本当にそうか?

   2014/03/09

この記事は約 3で読めます。

日本レコード協会がこんな実態調査を行った。

楽曲を購入した人の内、CD購入率は36.8%、レンタルが25.1%、ネットでの購入が12.1%だった。で、肝心なのはここからで音楽を購入しなかった人の理由で「金銭的な余裕がなかった」(33.4%)に次いで、「購入しなくても好きなときに(YouTubeなどを使って)視聴できるから」(33.1%)との回答が挙がった。と、報告書では記載されている。

しかし、どうだろう本当にこの調査は正しいのだろうか?

まず、レコード会社側に立っているレコード協会が調査している点で疑問を持ってしまう。うがった見方ではあるが自己に都合のよい結果を導き出しただけのようにも感じられる。

そして、YoutubeがあるからCDを買わないとった意見には反対したい。理由はもちろん私自身Youtubeで音楽を聴いたりもするが本当に良い曲でそのアーチストの事が好きならばCDをコレクションの一部として購入しようと思うはずである。

しかし、CDの購入率が減っていると言うのは楽曲自体に魅力が無い証拠ではないだろうか?実はこの記事に関連したニュースを発見したので併せて記載するがオンライン音楽ストアのiTunes Storeでダウンロードされた楽曲数が100億の大台を突破したと言うのだ。ダウンロード数が50億曲を突破したのが1年半前と言う事なので爆発的な増加率となっている。

この記事を読んでみて感じたのは魅力のある楽曲が詰まったCDが無いのではないだろうか?アルバムでは通常12~14曲が収録されているがその中で聞きたい曲と感じる楽曲はわずか数曲。その為、アルバムをわざわざ購入して全曲を聞くよりも曲を単体で購入した方が経済的にも負担の少ない方法だからではないだろうか。また、CDを購入する時の動機にジャケット買いというものがある。これはその名の通りCDジャケットを気に入って購入する方法であるが魅力あるジャケットが減ってきているからではないだろうか?

 

店頭で視聴出来る曲は人気アーティストの限られた楽曲だけで初めてみるアーティストの楽曲はなかなか聞く事は出来ない、そんな時にジャケットが気に入ったからとCDを購入する人も少なくは無いはずだ。しかし、昨今のCDはジャケットが面白くないからではないだろうか?

ジャケットで有名なのはビートルズのアルバム「アビイ・ロード」で横断歩道を渡る4人を写したジャケットだろう。最近、横断歩道の目の前にあるスタジオの売却問題が話題になったのも記憶に新しいところだが、今もなお横断歩道を見学に来るファンが多く観光地の一つとなっている。

もちろん、Youtubeへの違法アップロードといった事も問題とはなっているがレコード協会の調査したようにYoutubeがあるからCDを買わないと言ったことは極ごく一部の人間を対象とした調査の一つであって多くの方は今もCDを購入しているのである。いまなおアナレコードの人気がある理由のひとつにジャケット写真の良さがあるという事も付け加えておこう。

2009年度音楽メディアユーザー実態調査報告書(PDF,498KB)

おすすめ記事

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク

NEW ENTRY

少女時代のジェシカが結婚!?グループ脱退はその準備のためか?
少女時代のジェシカが結婚!?グループ脱退はその準備のためか?
LAUGHY_review
「LAUGHY(ラフィー)」キュレーターサイトをレビュー!
江角マキコがマネージャーに頼んで書いたとされる落書き
週刊文春に江角マキコの落書き画像が・・
k_blade_logo
仮面ライダードライブは実は史上初ではなかった事が判明した!
K-POP冬の時代に日本デビューする韓流アイドルの日本活躍歴史!
K-POP冬の時代に日本デビューする韓流アイドルの日本活躍歴史!

人気記事ランキング(9/21⇒10/20)

Sorry. No data so far.

本日のアクセスランキング

Sorry. No data so far.

ネタ本舗Tube

衝撃事件・事故 動画 爆笑ハプニング 動画 かわいいペット 動画 面白CM 動画 スーパープレー 動画 爆笑お笑いネタ 動画
  • ネタ本舗動画

  • PAGE TOP ↑
    フルファスト クレジットカ―ド 基礎知識